RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

フルコンタクトバイシクルズ!

バイシクルメッセンジャーとして走りつつ、バイクトライアルのコンペに参戦し、また夜のストリートを24インチバイクで徘徊し、それでもどうやら本業は社会学研究者(の卵)であるらしい、優柔不断の♂ライダー「jinken」(自転車中毒)の日々のつぶやき。(別名!?ジンケンブログ)
<< 物欲:スペシャルなVANS発見 | main | 閉店後のラパンチャは…腹筋ちぎれそう… >>
吉祥寺のハンドメイド鞄屋さん!
0
    チタンボルト摘出後、なぜかあまり痛くないので、
    小指でブレーキが引ける三連勝にまたがり、
    ゆっくり事故現場近くのいつもの病院へ傷口の消毒へ。

    帰り道、井の頭通りを走っていると…
    なんか、左側のお店の店頭にオーラのある自転車が見えた…ような?



    モールトンじゃないですか!?
    え、こんなところに自転車屋さんあったっけ?

    おっ、よく見ると…
    ハンドメイドのカバン屋さんです!

    吉祥寺って奥が深いなぁ。
    またまた、素敵なお店を発見です。

    グーワタナベ」さん。
    日本製6号純綿コーマ糸使用帆布(ハンプ)と
    牛渋鞣し革の組み合わせオリジナルバッグを製作販売する、
    こだわりのお店でした。

    渡辺さんは気さくな方で、店内の商品やミシンについても、
    ご夫妻でいろいろと教えてくれました。

    奥様が自転車に乗られることもあり、
    数年前から自転車関係のバッグにも力を入れていらっしゃるようです。



    サドルバッグも数種類あり。
    デザインも素敵で、テールライトがつくタイプも。


    ツーリストからのフィードバックが活かされた、
    雰囲気のあるフロントバッグ(2万5千円前後〜)。

    このバッグを使うために、ランドナーが欲しくなります。


    お店兼工房には、革の香り。
    後ろには、業務用の古いミシンがズラリ。

    壁には、パターソンの自転車のある風景画の複写が飾られています。


    今は吸収されて消滅した「ヤクモ」のミシン。
    下糸のホビンが今のものとは違う動きかたをするらしく、
    コレでなければ強くきれいに縫えない箇所も多いそうです。

    厚手の帆布を本革で縁取りして、
    ハンドメイドのメッセンジャーバッグ作ったら、
    とっても良さそう…問題はストラップとバックルかな。
    もしできたら、欲しい人いっぱいいそう。

    見ているだけでワクワクする、
    こだわりの鞄屋さん「グーワタナベ」の場所は、
    「ゼファー」ブランドで有名な東京サイクリングセンターの近く、
    井の頭通り沿い

    店頭の黄色いモールトンが目印です。

    数年前に中目黒の洋服屋さんでも黄色いモールトンが
    店頭に飾られていました。
    店頭にモールトンって、お洒落だし、インパクトあるので、
    下手な看板よりもずっと目を引きます。

    場所は、吉祥寺駅から徒歩10分くらいかな(1km)?

    お店の説明によると、
    駅から徒歩でお店まで歩くと、58kcal消費できるらしいです。

    場所や作例など、詳細はこちらを参照。

    モールトン用、ストライダ用など、
    いろんな自転車に合わせたバッグも制作実績アリ!


    いやぁー、なんだか夢が膨らむお店を見つけてしまった…。

    物欲が…





    | 煩悩的物欲 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.nobikenolife.com/trackback/711819