RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

フルコンタクトバイシクルズ!

バイシクルメッセンジャーとして走りつつ、バイクトライアルのコンペに参戦し、また夜のストリートを24インチバイクで徘徊し、それでもどうやら本業は社会学研究者(の卵)であるらしい、優柔不断の♂ライダー「jinken」(自転車中毒)の日々のつぶやき。(別名!?ジンケンブログ)
新トラ車の秘密兵器。
0

    昨日、届きました。








    アレですよ、アレ。








    秘密兵器。
    マイ流行の「削り出し」です。


    Avidの、シングルディジットアルティメイトVブレーキ!
    トラ車のリアに使います。

    前々から、「いつかは…」と思い続けていた一品。

    舞に使っていた同じAvidのシングルディジット「チタン」にも
    とりあえず不満はなかったんですが、
    このアルティメットの存在が気になって気になって…

    キャリパー自体の剛性も高そうですが、
    そのほかにもいくつか重要な違いが。


    ピボット部分にはシールドベアリングが圧入されています。

    ここは、強くブレーキをかけるとフレーム側から外へと強い力がかかり、
    その状態で(移動量は少ないですが)、
    スムーズに回転しなければいけません。

    こいつ以外のほとんどのVブレーキの場合、
    ベアリングではなくて金属のブッシュですが、
    おそらく、ベアリングの方が引きが軽くなり、
    シューの離れもスパっとスムーズでわかりやすくなるはず!

    実にトライアル向き。

    キャリパー自体も、7075アルミと聞いたことがあるし、
    無駄なパラレルリンクもないし、
    おそらくトラには最適のフィーリングのはず。

    そして、



    アウターが左右どちらからでも引けるように、
    受けの部分が独立して付け替えられるようになっています。
    すばらしい。

    ブレーキの引きの軽さのかなりの割合は、
    実はケーブルの取り回しにかかっていますので、
    理想的な取り回しのためにできることが一つ増えるというのは
    実にいいことです。

    ただ、部品点数が増えると、そのぶん壊れるリスクも高まります。
    耐久性が気になりますが、試す価値はあります。

    実はこのブレーキ、どんぐり戦隊ではジェットが昔使っていました。
    確か、左右のリターンスプリングを調整する細いキャップボルトが
    何かに引っ掛かり、壊れたようでした。
    確かに、ちょっと出っ張りが気になります。

    XCバイクとは異なり、
    トライアルバイクはフレームサイズが極端に小さいので、
    かかとや裾がブレーキに当たってしまうことがよくあります。

    特に、フレームの設計が想定しているよりも太めのリムを使うと、
    どうしてもキャリパー部分が外に張り出します。

    その状態でスプリングの細いアジャストボルトが外に出っ張っていたら、
    どうしても故障リスクはその部分に集中してしまいます。

    やってみなければなんとも言えませんが、
    イモネジに換装するか、削るか、カバーをかけるかして、
    アジャストボルト部分の引っかかりをなくす工夫は必要かもしれません。




    さあーー、おそらくは現在太平洋上か、
    もしくは税関を通過しているところであろう新フレーム(ペルー製)
    のためのパーツが、いろいろそろってきました。

    重要な構成パーツのうち、まだ手元にないのは…リアのリム。

    ゴールドラッシュさんに頼んでいるのですが、
    入荷待ちということでなかなか来ない…


    はやく組みたいぜ!!

    | モノ自慢「ええやろ」 | 21:47 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    ザクティのケースを改良!
    0
      先日買った動画記録マシン=ザクティCA65。
      コンパクトなケースが付属していて、
      なかなか理にかなった作りをしているのですが、
      ベルト通しがない。



      そこで。



      背面にベルクロを縫いつけてみました。



      こんな感じ。
      ちまちまと、手縫いです。



      そしてここに、
      アウトドアショップなどで売っているザイル(ロープ)を、
      輪っかにして取り付け。

      両端をバーナーで溶かしてすぐにくっつけて、
      手袋をした指で周りをコロコロすると、きれいにくっつきます。
      このワザ、いろんなところで使えて超便利。
      おためしあれ。



      こんな感じで、
      メッセンジャーバッグのストラップに固定。
      左肩の部分(ちょうど業務中なら無線機があるところ)
      に取り付けられます。
      片手で一発で取りだせて、即座に撮影可能。

      狙った獲物を逃がしません(って、違うか)。


      ザクティのストラップにはコイル式のものを。
      すっと伸ばせてすぐ撮れて、手を滑らせても落ちません。


      せっかく小型で防水(つまり、防塵)の、
      取扱いに気を使わなくて済むモデルを買ったので、
      常時持ち歩いて何でもすぐ撮れる状態にしておきたかったのです。

      今のところの課題は、
      現在プライベートで使っているメッセンジャーバッグは黒。
      で、ザクティのケースは白。
      ちょっとバランスが…。

      ケースに色、塗ろうかな。



      オマケ:

      自分のソーイングセットを持っていなかったので、
      ごく簡単なものをユザワヤで購入。



      頂き物のステッカー、ここに貼りました。
      針はちょっと…ダメ、ダメ。


      | モノ自慢「ええやろ」 | 00:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      防水ザクティ買っちゃいました。
      0
        これなーんだ?







        …って、タイトルがすでに答え。



        防水のザクティ買っちゃいました。



        みよ、このコンパクトさ。

        ボディカラーもデザインも、
        なんとなく私のカシオの防水携帯に似ています。

        これで、トライアルやパークの動画もガンガン撮れます!

        防水の動画記録機なのですが、
        今回は防水ってのは「雨の日も乗るぞ!撮るぞ!」という気合の現れ!?です。

        別に、ドボン動画のために買ったわけじゃありません!!

        確かに、水深1.5mまではイケるけど!!

        違います!!

        前フリじゃないってば!!!



        SANYO 防水型デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ)シリーズ (シェルホワイト) DMX-CA65(W)
        SANYO 防水型デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ)シリーズ (シェルホワイト) DMX-CA65(W)


        まじめな話、

        トライアルやパークのライディング動画を撮ってブログに載せたい!


        …というのは今回の購入の直接の動機ってわけじゃないんです。


        確かにそういう使い方にももちろん重宝するには違いないんですが。

        直接の動機は、先日のBFFで「クランカーズ」という、
        マウンテンバイク黎明期のマリン・カウンティの自転車乗りたちの活動を
        インタビューと当時の映像で再構成したドキュメンタリーを見て、
        「映像で残す」ことの素晴らしさを再認識したのがきっかけです。

        あの映画は、
        マウント・タムを無謀にも改造自転車で駆け下るという遊びをやっていた、
        あの集団というかコミュニティの中に、
        カメラやビデオカメラでそれを延々記録していた人(たち)がいて、
        (ビデオ撮影は自身もクランカーの魅力にとりつかれていたある女性)
        そのテープが残っていたからこそ、
        素晴らしいもの(映像作品)になりえたのだと思ったのです。

        何の役に立つか、
        何の意味があるのか、その瞬間には、その当人にはわからなくても、
        日々記録し、残していくことで、それはもしかすると、
        ある人たちにとってはものすごく重要な、時代の証人になるかもしれない。



        (ならないかも知れませんが、別にいいのです。)




        まずは、仲間たちとの日々の何気ないやりとりや、
        練習風景や、イベントの様子や、ラパンチャやどんぐりや、
        そしてメッセンジャーたちの姿や、吉祥寺の街の様子や、
        もうあらゆるものを残してやろうと。

        もちろん、大事な人とのひとときも。

        とにかく、携帯と同じで常に持ち歩いて、
        日常的に撮りまくる予定です。

        SDカードに保存→HDDにコピー→月ごとにDVD化
        ってやってけば、保存も楽だし、場所とらないし…。

        まぁ、いくつかすでに企画はあるんですが、
        数秒の「動画」というよりは、
        それをあつめて小さくても何か流れとまとまりのある、
        10年くらいたった後にも意味のある、
        「作品」って感じのものを作ってみたいです。

        とはいえ、撮影や編集に関しては全くの素人ですから、
        まだ何もできないしアイディアも浅いので、
        とりあえずは無意味に撮影しまくりながら、
        ある程度カタチになったころに発表することにします。


        たいしたことじゃないですが、
        新しいことに挑戦するっていうのはワクワクしますね!



        | モノ自慢「ええやろ」 | 16:14 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
        フライトチタニウムLOVE。
        0


          ヤフオクで、買っちゃった。

          セライタリアの、
          往年の名サドル、フライトチタニウム。

          美しいシルエット。
          ハイテク感とレトロ感のちょうど良いバランス。
          細身で触った感じは硬いけど、
          座るとなぜか硬さを感じない、絶妙なベースのしなり。

          私の三連勝に現在使用中。
          私の尻に合っているのか、もう最高です。


          今回買ったのは、白い方がフライトチタニウム「アルプス」。
          後ろのサイド部分がちょっとカットされていて、
          軽量で体重移動がしやすいモデル。


          何に使うのかって?
          それは秘密です。


          茶色い方はおまけみたいなもんで、
          同じ出品者がトップの皮を張り替えたもの。
          手作り感が…また張り直そうかな。
          千円だったのでついでに落札。



          今うちには数えきれないほどのフォークがあり、
          そして、ギリギリ数えられるくらいのサドルもあります。


          ああ、悲しき物欲。






          なんでーこんなにーー楽しいのぉーーーー

          | モノ自慢「ええやろ」 | 21:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          いろいろ買っちゃいました…
          0
            いろいろあさひから荷物が届きました。



            以前から興味があったこのケーブル
            全日本なんかで、
            ほかのリアVブレーキユーザーのレバーをニギニギさせてもらった時、
            衝撃を受けるほど引きが軽いバイクの多くはこのケーブルを使っていました。

            ちょっと高いですが、
            きっと何かの魔法がかかっていて、
            スバラシイ引きの軽さを実現させてくれるはず。

            そして、



            欲しい欲しいと言い続け、ついに!
            ゲットしました、エアボーンの超コンパクトポンプ

            (ちなみに右は一昨日自分用に下ろしたメカニクスのグローブ。)



            色はいろいろあるけど緑にしました。
            緑マイブーム、継続中。

            首はこのくらいしか伸びませんが、作りはしっかりしてそうで、
            時間はかかるけどちゃんと空気は入りそう。
            これでお出かけの時の備えの荷物がまた軽くなりました。

            オススメです。

            あと、一緒に買ったのは、
            これまた欲しい欲しいと言っていたハイテクなハラマキ

            数種類あるみたいですが、
            「チタン」という文字に無意味に惹かれてこれをチョイス。


            装着してみると…結構圧力が強くて、
            あったかいという以上に、
            なんか腹圧が高まって身体の芯がしっかりする感じ。

            もちろん、あったかいし、薄いので細身の洋服の内側にもOK。

            そして、次機トラ車(準備中)のために、


            いままで愛用していたのと同じ、
            バズーカのエリートトライアルバーも購入。
            角度もライズもちょうど良く、信頼感があります。
            値段もそんなに高くない。

            ってか、あさひで買うとこのハンドル、15%引き…
            6000円で買えるってお買い得感満載です。

            モンティハンドルの方がちょっと軽いけど、
            これだけの価格差なら文句なしでバズーカでしょう。








            オマケ:

            micheekの友達の結婚式の二次会に行ってきました。



            中目黒卓球ラウンジ。

            花嫁もピンポン〜


            | モノ自慢「ええやろ」 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            Wellgo MG-1長年欲しかった軽量ペダルをゲット
            0
              このブログの左サイドにもリンクがありますが、
              ずっと欲しかった軽量マグネシウムペダル、
              しかもチタン軸のペダル、WellogoのMG-1(Ti)をゲットしました!
              久々にヤフオクで落札。

              定価の半額以下で買えました。

              ただ…



              ピンに前オーナーによる加工が。



              ソールが痛むのが嫌だったのかな?
              わざわざ食いつきを弱くしてあるようです。
              でも、近々イモネジ買ってきて、
              接着剤塗って締め込んだらもとどおりです。



              こちらが、いままで生意気に使っていたグランジの激重ペダル。



              チタン軸、マグネシウムボディの底力。
              200g以上一気に軽くなりました。

              見た目は「普通の」ペダルなので、
              手に持ってみると、予想よりもずっと軽いので、
              持った手がふわっと持ち上がるような錯覚があるくらい軽いです。

              軽量化の目安として、
              100g軽くするのに使って妥当な額は1万円が目安で、
              それより対費用効果が高ければオッケーって思っていますが、
              6千円くらいで200g以上の軽量化ですから、
              今回は素晴らしい買い物だったと言っていいでしょう。

              ただ、今まで使っていたペダルと違って、
              思いっきり地面やステアに叩きつけたら割れると思います。

              でも、ストリートじゃトライアルと違ってペダルかけることもないし、
              グラインド系はやらない主義なので大丈夫、でしょう。

              生意気、どんどん軽くなって乗りやすくなってます。

              まぁ、サスが2キロ超だし、
              プロファイルの3ピースクランクもずっしりなので、
              もう軽量化路線はこの辺で頭打ちだろうなぁ。

              そんなことより、早く乗りたい。
              指の経過はまずまずで、まぁマニュアルの練習くらいはできるかな?
              って感じにはなってきたんですが(抜糸はまだですが)、

              20日ごろまではいろいろと多忙でほとんど乗れそうにありません。

              この調子だとあっという間に2007年が終わって、
              2008年もどんどん過ぎて、
              あっという間にサーティーズに突入だぜ。
              まずいぜ。

              あと200日ちょっとか…

              まだ、覚悟はできてません。



              | モノ自慢「ええやろ」 | 21:15 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
              愛用品:ボブルビーの旧型ヒップバッグ
              0


                日々、愛用しています。
                ボブルビーのヒップバッグ
                しかも、旧型のデザイン



                コレですね。

                ストラップは太いと邪魔なので、
                プラナの細いやつに換えて使っています。

                実は、これ、2つ目です。
                もう4年以上使っている気がします。


                右下についているのは、パークツールのニップルレンチ。
                お洒落でしょ?(え?何か?)



                PORTERのポーチを装着して、携帯はつねに携帯(たまに忘れる)。
                ボブルビーの専用ポーチも何種類かありますが、
                ぜんぶ専用品だとなんだかベタなので…。
                黒いタイラップなどを裏に駆使して、PORTERを取り付けました。

                私の使っているカシオのGショック携帯は厚みがあるので、
                このポーチがぴったり。

                ホルスターのように携帯をさっと出し入れできて、使いやすいです。



                ペンを挿すスロットの片方には愛用のBicのボールペン(1.0mm)。

                もう片方には、
                CODAのカンチブレーキレバーを分解して作った
                携帯ストラップ(?)を挿しています。

                携帯を使用中に落としても大丈夫。



                上部にはジッパーが付いていて、
                ほとんどマチはないですが、いろいろとモノが入ります。

                普段、常に入っているものはだいたいこんな感じ。


                まず、
                ●カギ類。
                コイル式のキーチェーンは、そのまま伸ばして使えて便利。
                鍵を落としたら、自分の自転車なのに乗れなくなりますからね。
                ヴィクトリノックスのポケットナイフは、ハサミもついてて使えます。

                ロディアの13番のメモ、カバー付き。



                お気に入りです。
                試行錯誤の結果、
                このサイズが立ったままでも書きやすく、一番使いやすい。
                ちょっともったいないですが、1項目1枚でどんどん破って使います。
                アイディアやTO DOなど、まずはこれに書き込み、
                必要に応じてPCのほうに情報を集約、加筆。
                (ONE NOTE 2007というソフトを使っています)
                頭をかすめたわずかなアイディアも逃しません。

                ●カードケース
                無印の。
                ボロボロです。
                そろそろ新しいのが欲しい。
                自転車名刺と、大学名刺の2種類を常備。
                そういえば、自転車名刺をこないだ追加で100枚印刷しました。
                今まで200枚以上配ったことになります。

                出会いって素晴らしい。
                また、だれかもらってください。

                ●メガネバンド(Chumsの
                突然乗りたくなった時、
                これがないと汗で眼鏡が滑って、
                バニーホップの瞬間(危ない)やフロントを刺した瞬間(もっと危ない)に
                眼鏡がスポーンと飛んで行ってしまいます。
                もう、トライアルで眼鏡を壊したり、川に流したりしたくないのです。
                というわけで、常備。

                ●六角レンチ2本
                よく使うサイズだけ。
                突然、衝動的に各所を増し締めしたくなることってないですか?
                あ、ない?
                トラ車とSurlyは、軽量化と盗難防止で
                フロントホイールをボルトどめのスキュワーにしているので、
                六角がないとホイールを外せません。
                もしないと、チューブ交換もできないので…。
                常備。

                ●スプラインニップルの純正ニップルレンチ。
                パークツール製のスプラインニップルレンチのほうが使いやすいんですが、
                なくすと手に入らないかもしれないので自宅に置いてあります。
                つねに、3種類のニップルレンチを携帯しているのって、変ですか?
                そうですか。

                ●付箋
                これがないと、気持ちよく読書できません。
                ガリガリ線を引き、書き込み、付箋をペタペタ貼りながら読まないと、
                なんか頭に入らない気がするのです。
                あとでノート取る時にも便利ですしね。
                いつ読書したくなるかわからないので、これも常に携帯。



                あと、PORTERのポーチの前面にあるコインポケットに、
                100円玉数枚、10円玉数枚が入ってます。
                よく、財布忘れたまま家を出て、コンビニ行ってしまうので。
                メッセンジャーやってて、
                「あとコイン1枚おつりが足りない」なんて時にも使えたりします。

                そうそう、このヒップバッグは、
                携帯を仕事用のものに入れ替えたり、領収印を入れたりして、
                メッセンジャーの時も使ってます。
                防水性は高くないので、大雨の日は使えませんが。


                さてさて。
                いろんなものが、カバンを下すことなくさっと取り出せる便利さは、
                こういったヒップバッグやポーチを使い慣れると、癖になります。

                私はほんとにふだんから荷物が多いんです…。

                でも、それをいかにうまく整理して身にまとうか、
                ということを考えるのも楽しかったりします。

                荷物が少ないと不安になります。

                それって変ですか。



                変でも構わないんですが、
                自分が変なのかどうなのか知りたいと思うことはたまにあります。


                変だ!
                って言われることに嬉しさを感じてしまう自分に苦笑い。




                | モノ自慢「ええやろ」 | 23:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                チタンフォークをいただきました
                0
                  今日出勤すると、先輩メッセンジャーharrier氏からビッグなプレゼントが!
                  「退院祝い」ということで、なんとチタンフォークをいただきました!
                  ほんとにもらっていいんですか!?
                  うれしい!

                  来シーズンにむけて、強力な武器を手に入れました!

                  長すぎず短すぎず、ちょうどいい寸法で、
                  もちろん軽量です(まだ実測してませんが)。

                  最近、どうも刺す動きがあまり得意ではなくなってきたのですが、
                  やはりアルミ製のフォークはしなりを使うのが難しい。

                  強度を確保しつつ軽量で、クロモリのようなバネ感があるチタンフォークは、
                  刺す動きには向いているはず!


                  軽量で取り回しもよく、しかも長持ち。
                  フォークの素材としては本当に理想的です。
                  高いけど!

                  しかも、メイドインジャパンで、精度もばっちりです。
                  (今まで使ってきたアルミフォークはたまにセンターが出ていなかったりしたんです)

                  ショック吸収性もよいので、疲れにくいです。
                  おそらく、肩の筋肉の疲労が違います。

                  もちろんさびないので、海のほう(W洲とか)で使っても問題なし。
                  海にドボンしてもさびません。

                  今年はもう全日本には出ませんが、とりあえず骨もくっついたので、
                  来年に向けて!このフォークで刺す動きを練習したいと思います。





















                  スプーンとセットになってます!

                  Harrierさん、ありがとう!




                  | モノ自慢「ええやろ」 | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                  THOMSONのステム
                  0
                    トマソン、じゃありません。
                    トムソンです。


                    硬質アルミの塊から削りだされるトムソンのステム



                    数年前に海外から買ってずっとあたためて?いました。
                    100ミリ、クランプ径31.8ミリ。

                    ずっと触っていたくなるほどの仕上げの美しさ。
                    軽いし。
                    強いし。
                    精度いいし。




                    ついに・・・

                    Namaikiに装着してしまいました。

                    我慢できなかった・・・。
                    | モノ自慢「ええやろ」 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    秘蔵クランク
                    0
                      クックブロスのクランク・・・

                      隠し持っていたコイツですが、
                      ついに日の目をみる日が来そうです。

                      Coming Soon...
                      | モノ自慢「ええやろ」 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |